ブログBLOG

ブログ

印刷会社ピンチ!デジタル時代で紙への印刷が激減…だから、今こそ伝えたい紙のチカラと魅力!

2018-04-11


IMG_1490

 

スマートフォンやタブレットを持つのが当たり前の時代になりました。

 

92d2fdc983c83fc145dbcb261613e636_s

 

特にスマートフォンの個人保有率は年々、上昇傾向です。

 

【参考・参照サイト】総務省 29年版情報通信機器の普及状況

 

 

 

その波にのり(?)、私事務長もスマートフォンにして、2年たちますが、

 

ちょっとした調べものや、アプリの無料チケットなど有効活用しています(^^)

 

それでも本来の機能の何%程度しか使いこなせてないんでしょうけどね(笑)

 

 

 

このようにインターネットが普及し、世の中が便利な時代になっていく一方で、

 

淘汰されていく物もたくさんありますが、そのひとつにあげられるのが

 

、です。

 

IMG_6930

 

 

どこの企業でも経費削減のため、ペーパーレス化がすすんでおり、

 

紙を商品にしている印刷会社には大問題です(>_<)

 

 

病院では電子カルテの導入がすすみ、院内での紙媒体も減少しつつあります。

 

小説やマンガも電子化され、スマートフォンやタブレットで気軽に読めます。

 

手紙やはがきは、メールや無料アプリで用件が即時に相手へ伝えられます。

 

dbe580ca407dbfa2ed15f4ce79b0170d_s

 

 

このように私たちの生活にインターネットは深く浸透し、数十年前、それこそ

 

昭和時代とは比べモノにならない程に便利で身軽になってきました。

 

 

だから紙は生活からもう姿を消してしまいました!

 

とはなっていません。

 

e384bfe1e72105cead8cd61d5fbbdc67_s

 

 

今、皆さんの周りを見回してみてください。

 

「全く紙なんてないよ。」

 

と言う人はいますか?

 

 

ほとんどの人が、何かしら紙を持っているか、もしくは目に付く所に紙が

 

あるでしょう。

 

 

 

それは家の中であれば、カレンダーや新聞、子供さんの学校の教科書やプリント、

 

お薬の入った袋だったり、と特に家の中は紙があふれていると思います。

 

327895b75640b86a8d74af206c714022_s ef2b6085d1ce342acb93831f15b223f8_s

 

 

外にいる人でも、営業の人だったら名刺、工事現場の人だったら図面、

 

他にも通帳、車検証、店頭に設置されているフリーペーパーなど

 

デジタル化には向かない、

 

もしくは紙媒体の方が見やすいモノもあるのです。

 

 

 

デジタルのいい所は、何と言ってもかさばらない事でしょう。

 

私は本が好きですが、自宅の本棚がいっぱいになり、最近、本棚を

 

買い足しました。(本を捨てられないタイプなんです( ;∀;))

 

それが電子書籍ならスマートフォンやタブレット等の端末一つに

 

何万冊も可能です。重たくもありません。場所もとりません。

 

でも私は個人的には断然、本を所有する派です。

 

 

紙の手触り、質感、匂い。

 

本好きの人は、紙を五感で感じる事が好きなのです。

 

417a3ddc820c6bdb618b97733322d44e_s

 

 

 

今回、この記事を書こうと思ったキッカケがありました。

 

それは弊社の上席役員(御年74歳)から見せられた一冊の書物でした。

 

 

それは上席が何と高校生の時に使用していた国語の副読本だったのです( ゚Д゚)

 

IMG_1485

 

 

 

短歌をたしなみ、読書好きな上席ですが、その副読本を短歌の参考にしたり、

 

調べものにもとても役に立つから、と現在でも使い続けているそうです。

 

IMG_1490

本を参考にしながら短歌を考え中の上席です(⌒∇⌒)

 

 

紙がやけてしまっていますが、とても大事に使われていて、活版印刷の時代の

 

ものだけに、ふりがなのルビが横向きになっていたり、見た事もない旧字が

 

使われていたりして、仕事中でなければ、もっともっと眺めていたくなる、

 

味わい深い本でした。

 

IMG_1481

ふりがなの「すげがさ」のが寝転んでいます。

 

 

 

およそ60年前の本ですが、何度も一緒にに引っ越しをしたんだよ、と

 

とても大事に愛おしそうに本を撫でながら話しをしてくれました。

 

 

表紙はボロボロになったから、と手作りの表紙になっているのが、また

 

味わい深さを増してるんですよね、これが!

 

IMG_1493

 

 

 

その上席の姿に、とても心を打たれ、あぁ、紙ってすごいな、と改めて思いました。

 

印刷会社に勤務してるから、ではなく私個人としてとても心に残る出来事でした。

 

 

 

電子書籍だって60年残せるかもしれません。

 

 

でも

 

時間とともに変化していく紙の風合いや匂い。

 

所々、破れているけれども大事にしてきたのが

 

目で、感触で、伝わってくる質感。

 

紙の本はやっぱり素敵です。

 

 

どれ程の愛着をその本に持っているのかは、本を見たらわかると思います。

 

 

手紙やはがきも、特にお礼を伝えたい場合は、メールよりも

 

直筆のお便りの方が気持ちが届くのではないでしょうか。

 

23b1eaa5e9f3408f169ecf0750139b1f_s

 

 

 

 

大野印刷では自分史や、歌集などの個人出版の

 

お取り扱いもしております。

 

「自分の生き様を一冊の本にまとめたい!」、という

 

お客様の想いを全力で応援させていただきます。

 

 

お見積りは無料です。

 

 

お気軽にお問い合わせください(⌒∇⌒)

 

 

お問合せはこちらから。

 

 

 

 

 

 

 

実績一覧
お客様の声
はじめてのお客様へ
紙の種類
再注文フォーム
よくある質問
Officeデータ入稿について
ユニバーサルデザイン
AR資料請求
フォトギャラリー
8月営業日
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
9月営業日
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

※赤い日付が定休日になります

Instagram
Facebook
まずはお気軽にお問い合わせください
 アダルト、ギャンブル、公序良俗違反に関連する印刷物のご注文は誠に申し訳ございませんが、お断りさせていただきます。 
Pagetop