ブログBLOG

ブログ

「好感を持たれる名刺」を作成する5つのポイント教えます!!

2018-08-08


アイキャッチ

 

ビジネスマンには必需品の名刺。

 

皆さまも日常的に目にする事が多い事でしょう。

 

 

今回から、3回に分けて

 

part1、『好感を持たれる名刺』

 

part2、『名刺の大きさ』

 

part3、『名刺の起源』

 

について、ご案内いたします。

 

 

 

【好感を持たれる名刺のポイント】

 

名刺は会社名を伝えるだけではなく、自分自身を宣伝するツールでもあります。

 

名刺を渡したお相手が、のちのち名刺を見て「あぁ、あの人ね。」と

 

思い出してくれる印象に残る名刺を、作りたいものですね。

 

なるほど

 

ここで「印象に残る名刺」のポイントを5つご紹介いたします。

 

 

5つのポイント

 

①電話・FAX番号は大きな文字でのせよう

 

中小企業で決裁権限を持っているのは、多くが社長であり、

 

平均年齢は50代と言われています。

 

デザインも大事ですが、

 

お相手が読みやすい配慮が必要です。

 

さしだす

 

 

②社名はハッキリわかりやすく

 

キャンペーン用のキャッチフレーズが、社名と見間違えるほど

 

強調された名刺もありますが、

 

お客様が名刺を保存する場合、

 

社名で管理しているのが一般的です。

 

社名は大きくハッキリとわかりやすく記載するのがよいでしょう。

 

ふぁいる

 

 

③住所だけではわかりにくい事も

 

会社の住所だけでは、初めて来社するお客様にはわかりづらい事もあります。

 

「〇〇バス停降りてすぐ」「△△銀行の隣」などと、会社の近くの

 

目印となるバス停や建物などを住所のあとに明記すると、

 

お客様が来社する際わかりやすくなります。

 

バス停

 

 

④顔写真をいれよう

 

仕事につながる為の第一歩は、顔を覚えてもらう事からです。

 

顔写真やイラストを名刺にのせる事で、

 

文字だけの名刺よりも強く印象に残す事ができます。

 

スキャン_20180807 (3)

弊社営業統括の大野の名刺です。

笑顔の写真入りでバッチリです(^▽^)

 

 

⑤名刺の裏面にも情報をのせましょう

 

名刺は載せられる情報量に限りがあります。

 

多くの情報をお相手に名刺から伝えたいものですが、文字量が多くなりすぎると、

 

読みづらい、見づらい名刺になってしまいます。

 

そこで、裏面も活用し、

 

商品説明や自己紹介、会社までの地図などを入れると、

 

話題も広がります。

 

 

 

以上、5つのポイントをあげてみました。

 

 

名刺はスペースが限られているため、

 

のせる情報を厳選しなければなりません。

 

 

いただいた名刺なども参考にしながら、

 

『自分はこんな人物です』とお相手に伝わる

 

名刺を作成しましょう!!

 

 

大野印刷はそんな名刺作りのお手伝いをいたします(⌒∇⌒)

 

 

お問合せはこちらから

 

 

 

実績一覧
お客様の声
はじめてのお客様へ
再注文フォーム
サービス紹介
よくある質問
Officeデータ入稿について
ユニバーサルデザイン
5月営業日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
6月営業日
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

※赤い日付が定休日になります

まずはお気軽にお問い合わせください
 アダルト、ギャンブル、公序良俗違反に関連する印刷物のご注文は誠に申し訳ございませんが、お断りさせていただきます。 
Pagetop